<ドラミングハイ!メンバープロフィール

五十嵐 公太(ドラマー/コンポーザー)


ドラミングハイの生みの親、誰よりも打楽器が好きでドラムで世界を救おうと本気で考えている 伝説のロックバンド「JUDY AND MARY」のドラマーとして活躍。解散後は数多くの有名ミュージシャン のレコーディングやツアーに参加。現在は、自身が参加するバンド「モノクローム」の音楽プロデュース活 動の他に、音楽大学やミュージックスクールで後進の育成に力を入れている。

 


酒井 麿(ドラマー/パーカッショニスト/コンポーザー)


ドラミングハイのナビゲーター。リズムを自由に操り、すべての人をリズムの世界へ誘う。ロックバンド「BEE PUBUC」のメンバーとしてデビュー。解散後は数多くの有名ミュージシャンのレ コーディングやツアーに参加。音楽大学の講師、イベントプロデュースなど多方面で才能を発揮する一 方で「音楽療法」の一種として老人ホームや障害者施設などへの慰問活動も積極的に行っている。

 


オカピ(スティール・パン奏者)


ドラミングハイのメロディーメーカー、世界一の癒やしの音色を届ける、キュートなスティールパン奏者 世界一の癒やしの音色と言われている”スティールパン”のプロ奏者。スティールパンバンド「Pan Pop Paradise」のリーダーとして2009年にデビュー。文化庁から芸術家として認定され学校公演や講義など を行い”こども音楽教育プロデューサー”として高い評価を受けている。


 


ダンボール・ドラム

酒井麿考案のダンボールドラム、文字通りダンボール製オリジナルドラムです。
ダンボール?!と侮ってはいけません。音は上質で低音もしっかり出ます。
毎公演、参加いただいたお客さん全員にお配りしてます。思いっきり叩いた後はドラミングハイ!の記念にお持ち帰り頂いてます。
 

ビタミンシェイカー


振れば元気になるビタミンシェイカー。
ダンボール・ドラムはちょっと・・・という方にはオススメです。
こちらも、ドラミングハイ!公演で大活躍!!



プラトン

ドラミングハイ!をより楽しむため、プラスティック加工メーカーと共同開発されたハンドドラム。打面に張った特殊なフィルムを特製スティックで叩くとトーン!と軽快な音が鳴り響きます。
プラスティックのドラムをトントン叩くので「プラトン」の名前がつきました。
みんなでレッツプラトン!






⇒公演情報を見る
 
   
 


Copyright 2011 Drumming High! MARIO LABEL japan. All Rights Reserved !!!
2016'site operated by STUDIO-MAX